いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。 一般的に「お墓」と呼んでいますが、そんなお墓には大きく2種類に分けることが出来ます。
その一つは墳墓と言われるものがあり、住宅で言いますと独立型の家屋、一軒家に相当します。

 

よく墳墓という言葉を聞くかと思いますが、これはお墓で区画が分かれている場所に建っているお墓のことを言います。
それに対しまして住宅ではマンション等の集合住宅に相当しているのが納骨堂となります。

 

同じ日本国内でもお墓の形が異なっており、北海道や吸収ではお墓を利用するよりも納骨堂の利用が多くなっている特徴があります。
この納骨堂とは一つの家屋の中に多くの遺骨収容スペースが設けられたものとなります。









メール便
メール便の最新情報
URL:http://postmail.co.jp/

車検費用
URL:http://www.click-s.jp/


国内でも注目されてきている洋型のお墓ブログ:06-12-2018

一週間位前、言うことを聞かなくて
約束を守らなかった息子を怒ったんです。

あたしはそれまで
一度も怒ったことがなかったんですね。

まだまだ小さな息子ですし、
できるだけ自由でいて欲しかったので、
ワガママを言おうが、人の話を聞いてなかろうが…

それを責めず、怒らず、許して、
息子のやりたいようにさせていたんです。

ところが、今回は、
言うことを聞かなくて約束を守らなかったことを、
あえて怒ったんです。

あたしは怒ってあげることが
やさしさだと思ったのです。

もしここであたしが怒らなければ、
息子は将来もっと怒られてもっと痛い目に遭う。
だから、今怒った方がいい…
そう思ったんです。

実際に怒って、
息子がすごく怖がって
自分の世界に引きこもっているのを見ていると、
すごく嫌な気分になりました。

おそらく、
あたし以上に息子は嫌な気分になって、
怖れと痛みで一杯だったでしょう。

それもわかっていた上でやったのですが、
自分がやったことに自信が持てなかった…

やっぱりあたしってやさしくないのかなぁと思いました。
ただを無駄に怖がらせて
無駄息子に傷つけてしまっただけではないかと
不安と迷いで一杯になりました。

少し落ち着いてからこの出来事を振り返ってみると、
「怒る」という表現方法は
ベストではなかったかもしれないけれど、
すごくヘタクソなやり方だけど、
あの時怒ったことは、あたしのやさしさだと思います。

考えてみれば…
今まで見えなかったり気づかなかったりしたけど、

親や先生や学校の先輩や会社の上司などは、
そんなに嫌な気分になってまで、
嫌われ役や憎まれ役を買ってまで、
それだけ大きなやさしさをあたしに与えてくれてたんですよね。