全国には数々の霊園があり、そしてお墓にも種類があり、これらは事前に基礎的な知識を持っておく必要があります。
間違った知識のままお墓探しをしてしまうと、後になって後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。 お墓参りはお墓を綺麗にすることから始めることとなります。
墓所が落葉や雑草、またゴミだらけで墓石が泥や苔などで汚れているような状態ではご先祖に申し訳がありません。

 

大きな敷地のお墓では雨風を十分に防ぐことが出来ませんので、お墓は過酷な環境下に置かれますので、しっかりとお手入れをしましょう。
綺麗な石の自然な光沢がいつまでも失われることなく保存をすることが出来ます。

 

お墓をお手入れする際には、雑巾やブラシを用意しておき、特に汚れが溜まりやすい文字の部分は、ブラシでよく汚れを落としましょう。
またお線香のシミや鳥のフンなどは雑巾を利用して綺麗に拭きとってください。





新越谷 賃貸
新越谷 賃貸
URL:https://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoshi/


大切なお墓の手入れを定期的に行うブログ:14-12-2018

お子様の脳の成長にとって、
親馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは親馬鹿を通り越して、
「馬鹿な親」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
友人に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状にお子様の写真をデカデカと載せ、
夫の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

嫁に年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年1年間お世話になったお礼と、
今年1年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
夫はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに親馬鹿になっても構わないが、
我がお子様の成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我がお子様の成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも親馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えばお子様と電車に乗った時、
お子様を椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
お子様と一緒になって景色を楽しむのではなく、
お子様の靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

親馬鹿になっても、
親として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。