ここでは生前のお墓についてご案内しています。
金銭面で割安となる生前のお墓

金銭面で割安となる生前のお墓


金銭面で割安となる生前のお墓
そもそもお墓というのは決して安い買い物ではなく、土地や自宅を買うのと同様に考えることが大切です。
長く使用続けるお墓なのですから、慎重に選んで後悔をしないようにしてください。 生前にお墓を建てることを「寿陵」と言い、年々寿陵を選ぶ人が増えてきています。
寿陵は、古くから「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの徳があると言われており、長寿を授かるものとされています。

今では全体の7割以上が寿陵によってお墓を求めている傾向にあります。
そして寿陵は金銭面でもお得となっていますので、多くの人に注目のされている方法なのです。

そもそもお墓自体は非課税財産として区分されますので、相続をする際の課税対象外になります。
墓地の取得は土地の売買とは違い、墓地の「使用権」を取得となることから、不動産取得税や固定資産税なども発生しません。




金銭面で割安となる生前のお墓ブログ:22-3-2019

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
ミーは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、ミーは24時間に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たミーは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から奥さんにはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
ミーはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に24時間の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、24時間15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

1ヶ月後には24時間5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

24時間5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、ミーはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたミーに、
それは喝を入れてくれた。
ついにミーはふた月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいるむすめ夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

むすめ夫婦もタバコと縁を切ることができた。

金銭面で割安となる生前のお墓

金銭面で割安となる生前のお墓

★メニュー

法律とお墓の関係を勉強しよう
いろいろ形が用意されているお墓
大切なお墓の手入れを定期的に行う
公営のお墓は自治体による管理
寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
国内でも注目されてきている洋型のお墓
金銭面で割安となる生前のお墓
どんなお墓を建てたいかを考えよう
高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しコミュニケーション