ここでは寺院のお墓についてご案内しています。
寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営

寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営


寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
貴方の自宅の近くにお墓があるかと思いますが、本当にそのお墓で後悔することはないでしょうか?
どんなに立地条件が良かったとしても、お墓参りのための環境が整っていなければお墓選びで失敗をしてしまうのです。 寺院のお墓は、宗教法人が管理と運営をしている民営のお墓のことを言います。
お寺の境内にある墓地、そして境内以外の場所に開設された墓地とに分けることが出来ます。

もし寺院のお墓を利用したいと考えているのでしたら、その寺院で決められた檀家になることは必須です。
しかし寺院のお墓の中には、境内の墓地を檀家向けの墓城と一般向けの宗派不問の墓城に分けているケースもあります。

どんなお墓でも永代使用料が必要となりますが、寺院のお墓の場合は、一般的なお墓よりも割高傾向にあります。
お墓を購入する時に、檀家になる場合には入檀家志納金を納める所もあり、費用の面では大きな負担となってしまいます。




寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営ブログ:22-3-2019

子供のころ習っていたバレエ…
やめてからもずっと憧れていた。

娘が3歳でバレエを始めると、レッスン日が楽しみになった。
観ているだけで幸せだったが、
通い始めて間もなくささやかな夢が芽生えた。

「あたしも、もう一度バレエをやりたい」

でも、幼いむすこはどうする?
バレエなんて専業主婦にはぜいたく。
第一、体質が硬すぎるし、どうせあたしなんか無理…
そんな言い訳で、込みあがる気持ちを閉じこめていた。

そうして数年が過ぎ、
むすこの入園が決まった時、あたしの思いは一気に込みあがった。
このままやりたい事をあきらめて過ごすのは嫌だ!

自分の気持ちに正直になる決心をしたあたしは、
娘のバレエ教室の大人クラスに体験に行くことにした。

当日は、
いつもの教室に入るだけなのに緊張してドキドキ。

先生のいつもの笑顔にほっとし、周りを見まわす。
みんな何て体質が柔らかいんだろう…
本当にあたしにできるのかしら?

お絵描きしながら待つむすこを気にしながらのレッスンだが、
あたしは必死だった。

もちろん、夢見ていたバレリーナのようにはいかない。
足は伸びず、上がらず、開かず…
子供のころはもう少し何とかなっていたはずだけど…

背中には奇妙な汗が滴るのを感じた。
レッスンが終わると、
足はぱんぱん、体質はガチガチでへたり込んでしまった。

歳かな、情けない…と思いながらも
不思議と気持ちは軽かった。清々しかった。

ひと月に2回のペースで通うことに決めると、
あたしは胸がわくわくした。

お鍋をかきまぜながらバーレッスン、
歯みがきしながらヒザのスクワット、
テレビを観ながらストレッチ…
自然に体質が動き、背筋がすっと伸びるようになった。

寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営

寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営

★メニュー

法律とお墓の関係を勉強しよう
いろいろ形が用意されているお墓
大切なお墓の手入れを定期的に行う
公営のお墓は自治体による管理
寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
国内でも注目されてきている洋型のお墓
金銭面で割安となる生前のお墓
どんなお墓を建てたいかを考えよう
高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しコミュニケーション