インターネットでお墓について調べてみますと、非常に多くの情報サイトがヒットし、様々な知識を学ぶことができます。
中でも数多くのお墓を比較することの出来るサイトは、お墓選びでは欠かすことの出来ない情報サイトと言えるでしょう。 「故郷にお墓はあるけど戻らないし、お参りに行くのも大変なので住まいの近所に欲しい」とお墓を移したい人も多いでしょう。
このように遺骨を既存のお墓から新しいお墓へ移し、そして埋葬し直すことを改葬と呼んでいます。

 

もし改葬を希望されるのでしたら、各市町村の役場で、その許可を受理してもらう必要があります。
もちろんそのためには遺骨を移す新しい墓地がすでに決まっていることが条件となります。

 

改葬をするためには様々な要点に注意する必要があり、遺骨の収蔵量、また同様の宗派のお墓を建てることが可能なのかを確認しましょう。
既存の墓地の管理者には、改葬の旨を話し埋蔵証明書の発行を依頼してください。





交通事故治療 千葉の最新情報
交通事故治療 千葉の案内
URL:http://chiryouin.biz/branch/page/2/


よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すことブログ:09-11-2018

去年の3月にお母さんと電話で話していて、
ちょっとしたことで久しぶりに衝突しました。

やっちゃった感はありましたが、
そのおかげで学んだこともいろいろあったので、
まぁいいかと思っていました。

わたしはそのケンカを引きずる気分はなかったし、
お母さんもしばらくしたら忘れるだろう…ぐらいの感覚だったのです。

だって、かつてお母さんは何度となくヒステリーを起こし、
お子さんのわたしはけっこうつらかったのです。

今回はわたしが言い過ぎたところはあったけど、
今までのことと合わせて考えれば、「チャラよ、チャラ」
お母さんだってそう考えてくれるだろう…と思っていました。

そして5月の連休に帰省して
お母さんと会ったのですが…

わたしの予想に反して、
お母さんが3月の言い合いのことを
かなり根に持っていることがわかりました。

「もう電話であんたとは話したくない、用がある時はファックスを送れ」
と言われてしまったのです。

でも、そういうことを言いながらも、
一緒に過ごした三日間、
お母さんの態度はいつもどおりだったので、
わたしは楽観的でした。

気にせず電話すればお母さんが出るだろうし、
何度か話しているうちにお母さんのわだかまりも消えていくだろう…と。

ところが、その後、
たまに電話をかけても、お母さんは一切出ないのです。
電話口に出るのはお父さんです。
今まではいつもお母さんが出ていたのに…

えー、そんなに怒らなくてもいいじゃない、
はっきり言ってお互い様じゃないの…と思いながらも、
段々と、そっちがそうならこっちだって…の気分になってくるのが人間です。

だって、もとはと言えばお母さんが、
何かというと姉を優先するから腹が立つんじゃない、
3月のケンカだって、それが元になってるんじゃない、
お母さんのバカ!