お墓探しは決して難しく考える必要はありませんが、お墓についての知識はしっかりと持つ必要があります。
全く知識の無いままお墓探しをしてしまい、すぐに改葬をする人も中にはいるのです。 日本国が定めているお墓の定義や埋葬等に関する法律に「墓埋法」があります。
この墓埋法の中では、遺体や遺骨を埋葬する場所を「墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」と限定されているのです。

 

墓埋法が定められていますが、これは遺骨を保管するための納骨堂に関しての規制もあります。
「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県の許可を受けた施設」となっているので覚えておきましょう。

 

あまり知られていないことですが、日本が定める法律によって納骨堂とお墓というのは、しっかりと区別がされているのです。
またどこにでも埋葬をして良いということは無いので、まずはお墓の管理者などに相談をしてみると良いでしょう。





還暦祝い プレゼント 父check!
還暦祝い プレゼント 父
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/


法律とお墓の関係を勉強しようブログ:30-7-2018

昔、まだ結婚したての頃、
主人はあたしのために
板チョコを買ってきてくれることがよくありました。

それも、
ギフト用のおしゃれに可愛らしくラッピングされたものではなく、
スーパーにお徳用!として沢山入っている
板チョコです。

しかも、唐突に大量に!
なぜかあたしがとても凹んでいる時に限って…

そう、主人なりの
あたしを元気づける方法だったようです。

当時、あたしは気分の浮き沈みが激しく、
落ち込むととことん凹んでしまい、
何をいってもダメで周りの人は本当に大変だったと思います。

そんなダメなあたしを元気づける必殺技が、
主人にとっては
板チョコだったのです。

もちろん、
落ち込んでいる当時は
そんな風に主人の気持ちをありがたく受け取る余裕もなく、
「なんでこんなに板チョコばっかり買ってくるの〜!
甘いし、太るやん!!」と思っていたのですが…

でも、
そんな時はどんな慰めの言葉も心に入ってこず、
そんなあたしの頑固な性格を主人は見抜いていたのでしょうか、
何も言わずに板チョコを買ってきて渡してくれるのです。

いつも後になってから、
じんわりその思いが染みこんできて
涙が出たのを覚えています。

どんな言葉をもらうよりも、
その気持ちが嬉しかったんですね。
それから、あたしにとって
板チョコは特別な贈り物になっています。

思えば、主人の愛情表現はとても面白くて、
あたしがケガをした時には、
外国のきれいな山や自然の写真を送ってくれたこともありました。

「これを見てゆっくり休んでね」
というような言葉をそえて…

変わったことするなぁ…と思いつつも、
心はふっと軽くなるんですよね。

あたしの主人は、そういう行動やいいエネルギーで
愛情を表現してくれる人なんです。